運営されているサービスによっては、「申込プランによって、各会員の予約保持数(予約可能数)の上限を抑えたり、増やしたりしたい」というケースもあるかと思います。
OLBの機能拡張コードである「予約上限モジュール:会員別」を使うと、会員ごとに異なる予約保持数の上限を設定することができます。

 

申込プランと予約保持数の例

例えば、Skypeを使ったオンライン語学レッスンなどで、申込プランに応じて予約保持数の上限に差があるケースがあります。

例)プランごとに予約保持数の上限が異なるケース

 AプランBプランCプラン
月額料金3,000円5,000円8,000円
予約保持数3コマ5コマ8コマ
1コマ30分30分30分

OLBでも、機能拡張コードを使って「会員ごとに異なる予約保持数の上限を設定する」ことができます。

 

予約保持数とは

  • 予約保持数とは、「予約済みで、まだ受講していないもの」の件数を指します。
  • 予約保持数は、予約を申し込むと1件増えます。
  • 予約保持数に上限を設定すると、その上限を超える新たな予約申込ができなくなります。
  • 予約保持数は、予約を「受講(消化)」するか「キャンセル」すると1件減ります。
  • 予約保持数が減ると、また上限に達するまで新たな予約申込ができます。

* ただし、OLBの設定で「無料予約できる回数」を「1」以上にしている場合、無料予約分についてはこの制限を受けません。

 

予約保持数の上限を設定するには

標準のOLB(本体)には、予約保持数の上限を設定する機能はありません。
OLBの機能拡張コード(有償)の「予約上限モジュール」や「予約上限モジュール:会員別」を使うと、予約保持数の上限を設定することができます。

この2つのモジュールの違いは、次のとおりです。

 上限の設定
予約上限モジュール 全ての会員は一律に同じ上限数となります。
予約上限モジュール:会員別

会員ごとに異なる上限数を設定することができます。
個別の設定がない会員は、一律に共通の上限数となります。

* このモジュールは、予約上限モジュールの拡張ファイルです。
  このモジュールを使うには、予約上限モジュールが必要です。

 

会員ごとに予約保持数の上限を設定する手順

会員ごとに異なる予約保持数の上限を設定するには、「予約上限モジュール:会員別」を使います。 具体的な設定操作は次のようになっています。

※インストールの手順などはこちらを参照してください。
OLB予約上限モジュール(会員別):インストールと有効化

プラグイン設定

管理画面のメニュー「OLBsystem:予約保持数の上限」から以下の項目を設定します

項目説明
予約保持数の上限(共通) 個別の上限数が設定されていない会員に、一律に適用されます。
[プラグイン設定]

[プラグイン設定]

 

会員ごとに個別の上限数を設定する

管理画面から「ユーザー情報の編集」で会員ごとに個別の上限数を設定することができます。

  1. 会員のユーザー情報編集ページを開きます。

    [ユーザー情報の編集]

    [ユーザー情報の編集]

     

  2. 会員ごとに個別の上限数を設定します。

    [会員ごとの上限数設定]

    [会員ごとの上限数設定]


     

  3. 個別の設定がない会員は、一律に共通の上限数が適用されます。

    [個別の上限数を設定せず]

    [個別の上限数を設定せず]


    [会員向けの表示]

    [会員向けの表示]

 

ご参考になれば幸いです。