Online Lesson Booking (OLB) での運用上、管理者が一時的に講師や会員に成り代わって何かの操作を代行しなければならないようなシーンはあるでしょうか。そんな時は、ユーザーアカウントを切り替えられるプラグイン「User Switching」が役立つかもしれません。

OLBにも、一部の操作について一時的に講師や会員ユーザーに成り代わる機能はありましたが、「予約申し込み」には対応していませんでした。会員制を想定したツールにとって「User Switching」のようなプラグインは重宝しそうですね。

 

確認環境

WordPress3.9.1
テーマTwenty Twelve 1.4
プラグイン OLBsystem 0.6.0
User Switching 0.9
WP Multibyte Patch 2.0

 

手順

  1. プラグインページから新規追加で「User Switching」を検索し、「User Switching」をインストール、有効化します。

  2. 管理画面の「ユーザー一覧」を開き、切り替えたいユーザーにカーソルを合わせ「ユーザー切り替え」をクリックします。

    user_switcher

  3. ユーザーが切り替わると、管理画面の上部に「adminに戻る」リンクが表示されます。また、管理画面上の表示も切り替えたユーザーの権限に応じた内容になります。

    user_switcher2

  4. 切り替えた後は、そのユーザーに成り代わってサイト上での操作が行えます。

  5. 管理者アカウントに戻る時は、管理画面上部の「adminに戻る」をクリックします。

 

OLBとの併用

先の「確認環境」におけるOLBとの併用では、会員ユーザーに成り代わっての「予約・キャンセル」操作や、講師ユーザーに成り代わっての操作を行うことができました。
なお、予約通知メール等は、成り代わったユーザーの登録メールアドレスに送られます。

 

優れたプラグインを公開してくださっている作者の皆さんに感謝します。