以下に、具体的なカスタマイズの事例をご紹介します。

概要

このカスタマイズファイル一式は、「OLB 拡張フォームモジュール」と「OLB グループレッスンモジュール」を使って、「コース指定+定員あり」のレッスン予約システムにするもので、以下のようなことが可能になります。

  • 各講師の担当コースを設定
  • コースごとのスケジュール設定
  • 複数のコマにわたるレッスン(開講)スケジュールの登録・表示
  • スケジュール表でのコース表示、コースによる講師の絞り込み

 

動作条件

  • WordPress 4.4 以降
  • OLB プラグイン Ver 0.7.5 以降
  • OLB プラグインの有効化が必要です
  • すでに、OLBの「拡張フォームモジュール」「グループレッスンモジュール」が有効化されている場合、一旦「停止」してから「上書き」します。
  • 同梱の「拡張フォームモジュール」「グループレッスンモジュール」はカスタマイズされていますので、標準の両モジュールによるアップデートはできません。

 

インストールと有効化

  1. すでに、OLBの拡張フォームモジュール、グループレッスンモジュールが有効化されている場合、一旦「停止」します。
  2. ダウンロードファイルを解凍すると2つのフォルダができます。
    /olb-addon-exform(拡張フォームモジュール)
    /olb-addon-grouplesson(グループレッスンモジュール
  3. 両フォルダをFTPで上書きアップロードします。
  4. 停止していた両モジュールを再び「有効化」します。

 

予約通知メール設定

予約・キャンセルの通知メールの本文で、以下の変数が使えるようになります。

%COURSE%受講コース
%MINUTES%レッスン時間
%END_TIME%終了時刻

例)予約受付通知:メッセージ

 

例)予約受付通知メールの本文

...
[日時] 2016-04-13 10:00 - 12:00
[コース] 初級コース(120分)
...

 

カスタマイズ内容と操作

基本的な操作や特徴は「拡張フォームモジュール」および「グループレッッスンモジュール」と同様です。 標準の両モジュールと異なる点は、以下のとおりです。

  1. 講師の担当コース
    [講師ごと担当コース]

    [講師ごと担当コース]

    • 管理画面「ユーザー」の各講師のユーザー情報で、担当する「コース」を設定できます。
      (管理画面「OLBsystem:コース選択」で「選択タイプ」を「講師ごとに異なる選択肢から選ぶ」にします)
    • 講師ごとに1レッスン当たりの「定員数の初期値」を設定できます。
      (管理画面「OLBsystem:グループレッスン」で「講師による定員変更」を「許可」にします)

     

  2. 講師スケジュール編集
    [講師用スケジュール編集]

    [講師用スケジュール編集]

    • コースごとにスケジュールを設定します。
      各講師ごとにコースを設定した場合、担当外のコースでは入力できません。
    • レッスンごとに定員数を設定できます。
    • 複数のコマにわたるレッスン(例:60分など)を設定できます。

     

  3. 日別スケジュール(全講師)
    [日別スケジュール]

    [日別スケジュール]

    • 各コマに「コース名」が表示されます。
    • 複数のコマにわたるレッスンも表示されます。
    • 講師の照会記事にアイキャッチ画像がない場合、代替画像が表示されます。
    • 管理画面「OLBsystem:コース選択」で「選択タイプ」を「講師ごとに異なる選択肢から選ぶ」にしている場合、全体スケジュールのほか、講師の「担当コース」別にスケジュールを表示できます。
    [担当コース別の表示]

    [担当コース別の表示]

     

  4. 週間スケジュール(各講師記事)
    [週間スケジュール]

    [週間スケジュール]

    • 各コマに「コース名」が表示されます。
    • 複数のコマにわたるレッスンも表示されます。

     

  5. 予約
    [予約フォーム]

    [予約フォーム]

    • 通知メールに「コース名、レッスン時間、開始~終了時間」を記すことができます。
    • 予約対象レッスンの「コース」はあらかじめ講師側で設定されています。
      予約済みのレッスンに対して、会員側から「希望コース」を変えることはできません。

なお、設定で「コース名」を変更すると、それは全く別のコースとなります。
「コース名を変更」または、講師の「担当コースを変更」した場合、すでに登録済みのスケジュールが編集できなくなる場合があります。

廃止するコース、あるいは担当を外れるコースのスケジュールは、
1) 先だってクローズしておく
2) または、それらのコースの日程が終了するまで、コース設定から外さない
のが望ましいです。

 

お問い合わせ

このカスタマイズをご要望される場合は、お問い合わせください